Event is FINISHED

Ecological Memes Forum 2019 〜"あいだ”の回復〜

Description

12/16 「あいだと遊びの関係性を探るワークショップ」の詳細情報を更新しました
12/15 タイムスケジュールを更新しました
12/1 早割チケット販売終了いたしました!引き続き、多くの方のご参加をお待ちしております
11/30 体験セッション情報を更新しました
11/4 ご好評につき超早割チケット完売しました

※Facebookイベントページも合わせてご確認ください(最新情報の発信を行っています)
https://www.facebook.com/events/481816945753468/


エコロジーや生態系をテーマに、これからの時代の人間観やビジネスの在り方を探っていく領域横断型サロン Ecological Memes(エコロジカル ミーム)。12/22(日)北鎌倉・建長寺にて、“あいだ”の回復をテーマにしたフォーラムを開催します。


ヒトと自然。
知性と感性。
意識と無意識。
因果性と偶然性。
頭と身体。
そして、わたしと世界。

明治時代の博物学者・粘菌学者であり、南方曼荼羅の生みの親・南方熊楠は、自然のエコロジーの危機だけでなく、それに伴って本来ヒトが根っことして持っていたはずの様々なつながりが切り離され、社会や精神のエコロジーの危機が進行していくことに警鐘を鳴らしていました。

また、風土論や生命哲学など専門とする哲学者・木岡伸夫先生は、

「どんなに自然を含めた倫理的共同体における振る舞いを考えようとしても、人間と自然の<あいだ>を認めない論理(ロゴス)を拠り所としている限り、近現代社会が直面する危機は乗り越えられないのではないか」

「地球規模の生態学的危機の根底にあるのは、人間による自然支配という単純な問題ではない。それと同時か、それに先立って、人は自然を支配するように他人を支配し、他人を支配するように自然を支配するという、幾十にも錯綜した支配ー非支配の構図が、問題を深刻化させてきた」

といったことを著書「あいだを開く - レンマの地平」で書かれています。

・・・

海と川、山と里、水と陸のあいだで多様な生命や生態系が育まれてきたように、
本当は大切だったはずの”あいだ”の領域。

ヒトの世界に閉じた短い時間軸と規模・効率の追求によって、
様々なものが余白や中間のない白か黒かの世界で線引きされ、切り離されててきた結果が、

生態学的な危機として、あるいは、一人一人の精神のエコロジーの危機として、
様々なところで表出しているのが今の時代なのではないでしょうか。

そして、木岡先生の言葉のように、それは人間による自然支配という問題だけではなく、幾十にも重なり合った他者との支配ー被支配の構造の中で、おそらく今の時代を生きる私たちの誰もがその危機を内に抱いているテーマなのではないでしょうか。

・・・

“あいだ”を回復すること。
身の回りの世界や自分自身にとっての”あいだ”と向き合ってみること。

そこに、ヒトが生命として持つ本来的なつながりや根っこを取り戻し、
エコロジカルな在り方や人間観と向き合うヒントがあるかもしれない。

社会や自然環境という壮大で複雑な生態系の一部として、
より良く関係し、共に繁栄していくヒントがあるかもしれない。

今回のEcological Memes Forum2019では、”あいだ”の回復をテーマに、第一線を切り拓き実践する様々なゲストの方々をお迎えして、エコロジーや東洋思想、イノベーション、生態系、自己変容などをつなぎ直す探究していきます。

豊かな自然に囲まれた北鎌倉・建長寺を舞台に、心身を整え、これからの時代の人間観やビジネスの在り方を共に探索してみませんか。

惑星規模での持続可能性が問われていく中で、生態系やエコロジーを志向する個人・組織・社会の在り方を探究し学びたい方。何かしらのキーワードやテーマに興味・関心のある方。よくわからないけどピンときてしまった方。どなたでもお待ちしています。



ーーーーーイベント概要ーーーーー


■日時:12/22(日)9:30 - 18:00(9:00受付開始)

■場所:建長寺(北鎌倉)
https://www.kenchoji.com

■タイムスケジュール(仮) ※敬称略 ※随時更新予定 

9:30-9:50 オープニング/坐禅セッション
村田 靖哲(臨済宗建長寺派・大本山建長寺)
小林泰紘(Ecological Memes 発起人)

10:00-10:40 「“あいだ”の経営 ~イノベーションと東洋哲学、そして身体~ 」
講演:大室 悦賀(京都市ソーシャルイノベーション研究所 所長 / 長野県立大学ローバルマネジメント学部教授)

10:40-11:30 ”あいだ” の体感ワーク&ダイアローグ
身体ワーク:藤本靖(環境神経学研究所代表)
ダイアローグ:大室 悦賀 / 藤本靖 / 小林泰紘

経営。イノベーション。生態系。東洋哲学。直観。感情。身体。一見バラバラなこれらのキーワードが今、有機的につながり出そうとしている。従来の論理だけでは太刀打ちできないような複雑性の高い経営環境の中で、新たな未来を創り出すために必要なことは何か?経営学やソーシャルイノベーションの実践研究を重ねながら、大室先生が切り拓かれている地平に迫ります。


11:30- 昼食(お弁当を頂きます)
※11:40-11:55 植物蒸溜体験セッションに向けた植物採集(有志)


13:00- 「経済と社会の"あいだ"〜知を育む生態系づくり〜(仮)」
講演:紺野 登 氏 (多摩大学大学院教授 / 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(SDM)特別招聘教授 / ECOSYX Lab)
ダイアローグ:紺野 登 / 佐宗邦威(株式会社BIOTOPE)ほか


<体験セッション>

14:30 - 16:30 体験セッション①:「生態系を回復する技術~シネコカルチャーを巡る対話~」
ナビゲーター:福田桂(一般社団法人シネコカルチャー)

協生農法という言葉をきいたことがあるだろうか?土を耕すことはしないし、肥料や農薬も使用しない。雑草や自然に生えてくる木、昆虫や動物も含めた多様な生命を多面的・総合的に巻き込んで、生態系そのものを回復・構築しようとする試みだ。そのシステムは、生物が海から陸に上陸し、動植物が協同して陸地の表土の仕組みを作り上げた地球の生命の歴史に基づいているという。

本セッションでは、一般社団法人シネコカルチャーの福田桂さんをナビゲーターにお迎えし、生態系の”あいだ”を回復する技術であるシネコカルチャー(協生農法)についてお話をいただきます。地球と生命の歴史、なぜ協生農法なのか(自然農法・有機農法・慣行農法の違い)、そして生態系と私たちの暮らし。協生農園の最小単位を取り出したプランターを囲み、植物が存在しない状態から、豊かな森林ができるまでの生態系遷移の様子を実際に観察しながら、私たちが生きる地球や大地、そして生命循環のネットワークとしての生態系にゆったりと向き合い、対話を深めるひと時をご一緒しませんか。
※協生農法でつくられた温かなハーブティ付き

<協生農法とは?>
シネコカルチャー(協生農法)とは、地球の生態系が元々持っている自己組織化能力を多面的・総合的に活用しながら有用植物を生産する農法です。食料生産だけでなく、環境や健康に与える影響までも包括的に考えられた立体的な生態系の活用法であることが特徴的です。2015年からはアフリカ、ブルキナファソにおいて、砂漠化し自然回復が不可能だった土地に150種の現地作物を用いた協生農法を導入。1年間で砂漠化を逆転させ、森林生態系の回復に成功、現在も実証実験を継続しています。(ソニーコンピュータサイエンス研究所 ホームページより抜粋)

14:30 - 17:20 体験セッション②:"あいだ"と遊びの関係性を探るワークショップ
ナビゲーター:岡野春樹(一般社団法人Deep Japan Lab)
ゲスト:由留木正之(自然案内人)・井上博斗(うたいて / 妖怪)・渡辺龍彦(「遊び」の探求者)


「“あいだ”の豊かさを味わうためには、“遊ぶ”こと。つまり魂を開放して没入することが大事だと思います。」そう語るのは、岐阜県郡上市に移り住み、源流域の暮らしと都市部の仕事を和えることで、新しい仕事をつくっていっている“あいだ”のプロデューサー岡野春樹さん。

今回は、彼が郡上で出会った2人の「遊びの師匠」と、「遊びの探求者」である渡辺さんを招き、“あいだ”と“遊び”の関係を紐解きます。以下岡野さんによる3人の紹介。
・井上さんは、時空を行き来するうたい手。うたと語りで土地と人の文脈をつなげる人です。
・由留木さんは、森と川の案内人。自然空間との親しみかたを教えてくれる現代の河童です。
・渡辺さんは、遊びについてずっと探求してきた人。おとなのなかのこどもを連れ出してくれます。

こんな4人と建長寺の奥にある秘密の空間を散歩し、土地と、体と、心と頭をつなげる、秘密の遊びを行います。そのあとに建長寺に戻ってきて聞く、熊撃ち猟師さんの話や、妖怪の話、性にまつわる話まで、時空を縦横無尽に行き来して、“あいだ”と“遊び”の関係性についてあぶりだしていきます。「逆算しない世界」を見たい人は是非ご参加ください。

<服装に関する注意事項>
・屋外で過ごせる暖かな格好、汚れても良い靴でお越しください。
・雨模様が予想されます。雨具をご持参ください。

14:30 - 16:30 体験セッション③:五感で感じる森との対話~森のリトリート体験~
ナビゲーター:鈴木宏和・菊野陽子(株式会社森へ)

森のリトリート*とは、森の中で心身ともにリラックスし、深く内省し、互いに対話することで、自分自身や事業の原点について本質的な気づきや洞察を得るための2泊3日の合宿型プログラムです。
「一人で森にいる体験」と「焚き火を囲んで人との対話」を交互に繰り返します。一人でいる時は自然と内省が進み、対話では体験の言語化による気づきや、他の参加者の話の中からもヒントが見つかります。
最終日には、それらの気づきから現実に活かせる具体的な行動を決めて帰ります。
*リトリートとは、慌ただしい日常から一旦離れて、心身ともに整え直すことです。

今回は、この建長寺の森を使って、このリトリートの一部をご体験いただきます。森を感じる時間と、緩やかに対話をする時間を過ごしましょう。五感を開き、日常から離れて、ゆっくり静かに森を感じる時、内側から聞こえてくる深い声、体からの繊細な感覚が、今、この瞬間に必要なサイン(メッセージ)を届けてくれるかもしれません。
森のリトリート:https://morie.co.jp

<服装に関する注意事項>
服装:屋外に出て自然を感じる時間を取ります。屋外で過ごせる暖かい上着・長ズボン・歩きやすい靴にてご参加ください。また、雨天時は、レインウェアか傘など雨具をお持ちください。
持ち物:飲み物、レジャーマット(シート)(あれば)


14:30 - 17:30 休憩&団欒エリア
/Regenerative Leadership 紹介ブース
/Ecological Memes 過去セッション・グラフィックレコード
/植物の蒸溜体験:11:40-11:55 植物採集(有志)、16:40- 17:20 植物蒸溜体験セッション

17:30- クロージングセッション ~神経生理学を通じたリフレクション~
ナビゲーター:藤本靖(環境神経学研究所代表)

18:00- 終了

■ゲスト・登壇者 ※敬称略 ※随時更新予定
・紺野 登(こんの のぼる)
組織・社会の知識生態学 (ナレッジ・エコロジー)の観点から、デザイン資源を基にした知識創造・「場」の創出と活用の方法論・イノベーション経営・「目的工学」の研究と実践をしています。多摩大学大学院教授、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(SDM)特別招聘教授。 博士(学術)。一般社団法人FCAJ代表理事、Japan Innovation Network(JIN)代表理事。新パリクラブ理事。主著に『知力経営』(1995ベストグローバルビジネスブック賞)『知識経営のすすめ』『知識創造の方法論』『知識創造経営のプリンシプル』『構想力の方法論』(以上野中郁次郎との共著)、『ビジネスのためのデザイン思考』『利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか(目的工学)』など。https://www.ecosyxlab.org

・大室 悦賀(おおむろ のぶよし)
京都市ソーシャルイノベーション研究所 所長 / 長野県立大学 グローバルマネジメント学部教授 ソーシャル・イノベーション創出センター長。1961年 東京都府中市生まれ。一橋大学大学院商学研究科博士後期課程満期退学。一般企業、行政を経て現職。専門分野はソーシャル・イノベーション、当該分野における理論研究とそれに基づいたアクションリサーチを京都市や長野県で行っている。著 書:『サステイナブル・カンパニー入門』、 『ソーシャル・イノベーションの創出と普及』、 『ソーシャル・ビジネス:地域の課題をビジネスで解決する』、 『ケースに学ぶソーシャル・マネジメント』、『ソーシャル・エンタープライズ』『NPOと事業』など。社会的課題をビジネスの手法で解決するソーシャル・ビジネスをベースにNPOなどのサードセクター、企業セクター、行政セクターの3つのセクターを研究対象として、全国各地を飛び回り、アドバイスや講演を行っている。

・藤本靖(ふじもとやすし)
環境神経学研究所株式会社 代表取締役 / 上智大学・筑波大学大学院非常勤講師(ボディワーク・神経生理学)。
東京大学 経済学部卒業 。東京モード学園 ファッションスタイリスト学科卒業 。東京大学大学院 身体教育学研究科修了

大学では途上国の開発について学び、卒業後は政府系国際金融機関にて東南アジア、アフリカにおける政府開発援助(ODA)の業務に関わる。その日々の中で、人間の「心と身体の関係」という個人のテーマに出会い、再び大学に戻り、ヒトの脳のシステムについて研究。
「大脳皮質運動野磁気刺激による心臓自律神経系の応答」という研究テーマをアメリカ生理学会など様々な国際的な学会で発表する。一方、クラシックバレエ、武術など様々な身体技法やお笑いの世界を経験。

身体に関する理論と実践の成果を現場で活かすために、ボディワークの国際的な認定資格である「ロルフィング®」、身体心理療法「ソマティック・エクスペリエンス®」などの資格を習得。プロスポーツ選手、ダンサーや音楽家など身体を専門とするクライアントを中心に個人セッションを行う。

「神経系の自己調整力」に基づく「快適で自由な心と身体になるためのメソッド」を開発。簡単で、効果が高い疲労回復のためのワークが注目され、Google米国本社の研修プログラムでとりあげられる。教育機関・医療機関・民間企業などで講演、研修、ワークショップなどを行う。心身の健康の専門家としてTV・雑誌など出演多数。 著書に、ベストセラー「『疲れない身体』をいっきに手に入れる本」(講談社)、新著「人間関係が楽になる神経の仕組み 脳幹リセットワーク」(講談社)など。現在は、自律神経系測定の機器開発に注力し、 ヘルスツーリズム、ワーケーションなどビジネ スマンのセルフマネジメントに関する新時代のプログラム構築にとり組む。

・佐宗 邦威(さそう くにたけ)
BIOTOPE代表取締役社長/チーフ・ストラテジック・デザイナー
東京大学法学部卒業。イリノイ工科大学デザイン研究科(Master of Design Methods)修了。プロクター・アンド・ギャンブル・マーケティング部で「ファブリーズ」「レノア」などのヒット商品を担当後、「ジレット」のブランドマネージャーを務める。その後、ソニーに入社。同クリエイティブセンターにて全社の新規事業創出プログラム立ち上げなどに携わる。ソニー退社後、戦略デザインファーム「BIOTOPE」を起業。B2C消費財のブランドデザインやハイテクR&Dのコンセプトデザイン、サービスデザインが得意領域。山本山、ぺんてる、NHKエデュケーショナル、クックパッド、NTTドコモ、東急電鉄、日本サッカー協会、ALEなど、バラエティ豊かな企業・組織のイノベーション支援を行っており、個人のビジョンを駆動力にした創造の方法論にも詳しい。大学院大学至善館准教授/京都造形芸術大学創造学習センター客員教授。著書に『直感と論理をつなぐ思考法』(ダイヤモンド社)、『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』(クロスメディア・パブリッシング)がある。

・福田桂 KEI FUKUDA
一般社団法人シネコカルチャー・ナビゲーター。プロトタイピングを愛するインターフェースデザイナー。草とオートバイとカレーも好き。東洋大学非常勤講師。

・岡野春樹(おかの はるき)あいだプロデューサー
「根っこからつながる旅をする」㈳ Deep Japan Lab代表理事 / ㈱電通所属。長良川の源流で、夜に魚をとった経験から岐阜県郡上市に惚れこみ、家族4人で移住。都市と中山間地域の「あいだ」生活の中で、郡上カンパニー、キノマチプロジェクトなど新しい仕事を生み出している。

・由留木正之(ゆるきまさゆき)自然案内人
1967年兵庫県生まれ。川旅の果てに長良川上流部の郡上八幡に移住し、30年近く自然学校を行いながら自給自足の暮らしをしてきた。熊撃ち猟師や、川漁師、地元古老の師匠たちに、山や川とのかかわり方や遊び方を学ぶ。人と自然の境界を遊ぶ自然案内人。

・井上博斗(いのうえひろと)うたいて / 妖怪
書いたり、話したり、歌ったり。郡上のうたと郷土史をめぐりながら今日もくねくね道をたどる。「郡上わらべうたの会」案内人。「郡上藩江戸蔵屋敷2019」講師。「町家オイデナーレ in 郡上八幡」発起人。「郡上八幡音楽祭」2013〜2018まで主催代表。

・渡辺龍彦(わたなべたつひこ)「遊び」の探求者
「遊び」というテーマと16歳の時に出会い、独学で探求を続ける。遊びに特化した出版レーベル「遊と暇」を設立。慶應義塾大学環境情報学部卒。東京藝術大学大学院先端芸術表現専攻在籍中。TOKYO PLAYサポートメンバー。下り坂が好き。

・鈴木宏和(すずき ひろかず)
株式会社森へ / TSUMUGIキャピタル株式会社 代表取締役 CEO。人の心に森を育もうと、株式会社森への仲間とともに森のリトリートの活動を行っている。三井住友銀行、KPMG FAS(Big4と呼ばれる国際会計事務所)、木こりを経て現職。KPMGでは14年にわたり企業再生及びM&Aに従事し、日本航空の再生では稲盛和夫氏の「心」による経営再建を財務アドバイザー(現場責任者)として支援。3.11以降、電力システム改革、大手電力会社の再編等を主導していたが、森のリトリートに出逢い、地球を守りたいと思い、脱サラして木こりに。

・菊野 陽子(きくの ようこ)  
株式会社森へ / 株式会社 Dialogue with 代表取締役。
中小企業向けの人材育成・経営支援に従事した後、ビジネスリーダーのキャリア支援に従事する中、”森”と出会い、自分のミッションを見出したことを機に独立。現在は、株式会社森へ にて「森のリトリート」のナビゲーターとして人と森(自然)をつなぐお役目を、また、森から学んだ”対話”の力を日常において活かすべく、株式会社Dialogue with にて「対話」を通じて、個人の持ち味・強みをお互いに活かし合い、本来の力を発揮するための人づくり・組織づくり・地域づくりを行う事業を展開。

ほか(随時更新予定)


■参加費(昼食・ドリンク付き)

通常チケット 12,000円
Early Bird チケット 10,000円[〜2019.12.1 ] ※なくなり次第締切 【12.1 販売終了しました】
Super Early Bird チケット 8,000円 [〜2019.11.12] ※なくなり次第締切 【11.4 販売終了しました】
メディア・取材チケット
スポンサーチケット ※本企画趣旨にご賛同いただき、物販/飲食などの協働スポンサーを募集しています

※イベント企画運営ボランティアも募集中です。ご希望の方はご連絡ください。

※チケットのキャンセル・払い戻しは出来かねます。

■申込方法
本ページよりお申込下さい。

■Ecological Memesについて
Ecological Memes(エコロジカル ミーム)はエコロジーや生態系をテーマにこれからの時代の人間観を探っていく領域横断型プロジェクトです。

自然との共生や身体感覚への回帰、あるいは循環型の暮らし、より生命的な世界観や組織の在り方などが広がっている時代に、生態学や複雑系科学、あるいは東洋思想や身体知性など様々な分野の知見を掛け合わせながら、エコロジー(あるいは、そうしたことを志向する個人の在り方や社会の移行)というものと向き合い、これからの時代の生き方・暮らし方・群れ方についての学び合っていくための探索型サロンなどを行なっています。


<発起人/キュレーター> 小林 泰紘(こばやし やすひろ) 
世界26ヶ国を旅した後、HUB Tokyoにて社会的事業を仕掛ける起業家支援に従事。その後、人間中心デザインを専門に、金融、人材、製造など幅広い業界での事業開発やデジタルマーケティング支援、顧客体験(UX)デザインを手掛けた。現在は共創型戦略デザインファームBIOTOPEにて、企業のミッション・ビジョンづくりやその実装、創造型組織へ変革などを支援。自律性・創造性を引き出した変革支援・事業創造・組織づくりを得意とし、個人の思いや生きる感覚を起点に、次の未来を生み出すための変革を仕掛けていくカタリスト/共創ファシリテーターとして活動。座右の銘は行雲流水。趣味が高じて通訳案内士や漢方・薬膳の資格を持つ。


<関連URL>
HP: https://www.ecologicalmemes.me/
Facebook: https://www.facebook.com/ecomemes.pro...
Twitter: https://twitter.com/MemesEcological
SlideShare: https://www.slideshare.net/YasuhiroKobayashi1/ss-156450397

<メディア掲載>
https://ideasforgood.jp/2019/12/13/ecological-memes/
https://daily-notice.com/ecological-memes/
https://unleashmag.com/2019/12/03/ecological-memes03/


<Ecological Memes過去のイベントレポート>
・vol.1 生態系とポストヒューマンセンタードデザイン / 稲村徳州氏(九州大学芸術工学研究院 助教 )
http://www.biotopetide.com/?p=134

・vol.2 自然と技術を融合させるバイオミミクリー / 亀井 潤氏(バイオミミクリデザイナー /AMPHIBIO LTD.)
http://www.biotopetide.com/?p=194

・vol.3 複雑系科学と群れ方 / 佐山 弘樹 氏 (ニューヨーク州立大学ビンガムトン校 システム科学・産業工学科教授 / 複雑系集団動態学研究センター長)
https://www.biotopetide.com/?p=960

多様性がなければ、私たちは絶滅してしまうーー「複雑系科学」の視座で探る、世界と私の持続可能性[UNLEASH]
https://unleashmag.com/2019/12/03/ecological-memes03/

・vol.4 身体知性:身体を通じてシステムを理解する / 井上有紀 氏(一般社団法人イノラボ・インターナショナル共同代表)
※順次公開予定

・vol.5 東洋思想~因果から縁起へ~ / 川島俊之氏(高野山真言宗高福院 副住職)
https://www.biotopetide.com/?p=1222

・vol.6 生命と日本文化 〜花を通じて考える自然との共生〜 / 山本 郁也 氏(花人/株式会社デラシネ)
https://www.biotopetide.com/?p=1113

・vol.7 循環型の暮らしと都市デザイン~人間・環境・テクノロジーの関係性から考える~ / 小林乙哉氏(東急株式会社 都市経営戦略室)※順次公開予定

■メディアパートナー
・UNLEASH https://unleashmag.com
UNLEASHは、「Always be full of curiosity」をコンセプトとするメディアプロジェクトです。ソーシャル、エコノミー、テクノロジー、エコロジー、ウェルビーイングなどのテーマに焦点をあてて情報を発信することで、人々の好奇心を刺激し、視野を広げ、思考を深める機会を創出します。

・IDEAS FOR GOOD https://ideasforgood.jp
IDEAS FOR GOODは、社会を「もっと」よくするアイデアを集めたウェブサイトです。世界を大きく変える可能性を秘めた最先端のテクノロジーから、人々の心を動かす広告やデザインにいたるまで、世界中に散らばる素敵なアイデアをあなたに届けます。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#506025 2019-12-20 12:07:59
More updates
Sun Dec 22, 2019
9:30 AM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
建長寺(北鎌倉)
Tickets
通常チケット(昼食付き) SOLD OUT ¥12,000
早割チケット(昼食付き) SOLD OUT ¥10,000
超早割チケット(昼食付き) SOLD OUT ¥8,000
メディア・取材チケット FULL
スポンサーチケット(物販/飲食など) FULL
Venue Address
〒247-8525 神奈川県鎌倉市山ノ内8 Japan
Organizer
EcologicalMemes
180 Followers